<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
遠い記憶
どーでもいい独り言開始ですよーw



だって記憶が蘇ったんだものw


思い出は不思議です。
急に沸いてくるんだもの。


遠くて、近くて
ありえなくて、それでも本当で。

大きかった。

広くて、眩しくて。

どうしてそんなにやさしかったのだろう。
どうしてそんなに強かったのだろう。
そんなに脆いなんて思わなかった。
突き放すしかできなかった、
相手の為に? いいえ、自分の為に。


遠い記憶。




あー、誰かに聞いて欲しいや。
なんでだろうw
どーでもいいだろうけど。
今が一番だけど、思い出って時に眩しく輝く。

思い出に直接触れる気は無い。

だって、所詮昔なんだもの。
過ぎ去った過去だから眩しくて、
苦しいとか悲しいなんて流れて消えた後だから。


過去を振り返りましょう。
栄養に変えましょう。
その分、今を全力でいきましょう。


それがみいなの今の生き方。
生き方語れるほどに年寄りじゃないけど。
みいなには「これ」っていう生き方が必要なのですよ。

じゃないと前に進めないから。
弱いから。



強くなるって、昔から思ってた。
今は弱くて、きっと少し強い。



さて、一杯感傷的になったら
今を楽しみましょう。

一通り片付いたし、
ちょっと気晴らししてこよう。
[PR]
by mi-nasou | 2009-02-16 16:40 | ぼちぼち
さっきの会話の続き
ホーラ「・・・・なんだ?妙にすっきりした顔して」

みいな「いやぁ、できないとおもってたら出来たわ!」

ホーラ「・・・・・おまえなぁ」

みいな「うんうん、人間やろうとおもえばできるもんだな
     諦めて自分の思うようにやろうと思ったら、いや、若干ややこしくなったけど
     なんとかまとまってw」

ホーラ「・・・・だが、死都編だけで8回も消費するとか、どんだけなんだよ」

みいな「まぁ、あくまでも予定だし!
     なんにせよまとまってよかったぁ!」

ホーラ「後はひたすら書くだけ、か。
     だが、マリンとガントは相当ややこしくなるな?」

みいな「くそう、愉快な旅路とはいかなくなるなぁ。
     依頼が終わった帰り道を愉快にしてやるうう!うわぁん」

ホーラ「・・・・頑張れ」




というわけで、なんとかなるとか。(爆)
自分でも予想外。
なんとかなるもんなんだなぁ。頑張って書こう。
[PR]
by mi-nasou | 2009-02-02 12:54 | 会話
自分の世界
ホーラ「・・・、なんだ、久しぶりに来たと思ったら、風邪か?」

みいな「おー。引きかけってかんじ。本人はいたって元気だぞ」

ホーラ「このさみしがりやめ。
     で、どうなんだ、なにやら頑張って手伝っていたようだが」

みいな「力になれる範囲で力になったつもりだけど、
     役に立ててたらそれでいいなぁ。」

ホーラ「心配するな。じゃなきゃ相手も頼んだりはしないだろうよ」

みいな「おー。」

ホーラ「・・・・・・、どうした?」

みいな「うーん、やっぱり自分に嘘はつけないなぁ、と」

ホーラ「そりゃなぁ? お前だしなぁ?」

みいな「わるかったなぁw」

ホーラ「自分の思うように話を進めれば良いさ。
     どうせ我らはお前の産物。いわば子供だ。
     お前の世界を示す為に生まれてきたのだから」

みいな「おー。ありがとうな」

ホーラ「迷う時は迷え。そして道を自分で決めろ」
みいな「決めたらならその道を全力で進め。後で後悔しないように」

みいな「・・・、自分の持論だったな」

ホーラ「ほら、決めたならさっさと歩け。
     怖く思おうがそれもまた自分の道だ」

みいな「まーね。
     さ、死都編を進めてきますかな。
     この先の展開を相談した人には色々言われそうだけどwwww」

ホーラ「お前の世界だ。胸を張れ。
     ・・・・・先日大事な妹分にもそう言ったのだろう?」

みいな「言いましたよー。
     もう、ホーラはなんでも読むんだからー」

ホーラ「ふん、お前の作った竜だからな。」(自信満々)



相変わらずカテゴリー『会話』は
自分内部の話で
読む人を置いてきぼりですw

でもそれが死都の良い所。
みいながフリーダムになれる、素敵な場所なのですw
[PR]
by mi-nasou | 2009-02-02 10:34 | 会話